データの可視化 JasperSoft +
BIRT Spreadsheet Engine

データの可視化
(レポート生成、ダッシュボード、簡易データ分析)
「経営」と「社内情報」の見える化

Jaspersoft(ジャスパーソフト)とは、世界で幅広く利用されているオープンソースのビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウエアであり、高機能なレポーティングツールです。PDFやHTMLなどさまざまな出力形式の帳票を作成でき、Webまたはモバイルアプリケーションに組み込める分析機能なども提供します。

BIRT Spread Engine(バート スプレッド エンジン)は、OpenTxt社が提供するExcelレポートエンジンで、日々発生する大量のExcel帳票作成を自動化します。細かい書式、セキュリティ設定などもExcel同等の処理を実現可能です。

株式会社システムコンシェルジュはJasperSoftとBIRT Spread Engineを組み合わせたソリューションを提供しています。

※株式会社システムコンシェルジュは「3CX」の販売代理店です。

特徴 FEATURES

  • スケジュールによるレポートの自動生成
  • ピクセルレベルのレポート表現
  • ブラウザのみで利用可能
  • 複数のデータソースへの接続
  • レポート毎の定義ファイルにより管理が容易
  • ダッシュボード(KPI)としても利用可能
  • 既存のExcelを帳票として利用可能
    (オプション)
  • 導入が早い

利用シーン CASE STUDY

CASE 01

今までの利用シーン

複数データのExcel集計
の課題
  1. 各担当者は各システムからCSV等でデータを抽出し、データ作成やマージを行なう。
    ※データが複雑な場合は情報システム部門へ依頼
  2. 各担当者が自分自身で確認を実施。

JasperSoft + BIRT Spreadsheet Engineによって変わるシーン

JasperSoft + BIRT Spreadsheet Engine
による解決
  1. それぞれのシステムから直接必要な情報を抽出し、自動的にExcelを生成。転記ミス、切り貼りのわずらわしさがない。
  2. 抽出するデータは常にレポート生成のタイミングでリアルタイムにデータを取得。必ず最新データを元とした資料が作成される。

CASE 02

今までの利用シーン

複数データのExcel集計
の課題
  1. それぞれのシステムに存在するデータを各システムよりCSV出力し、切り貼りしてマージしなければならない。
  2. 資料を作成するために出力したデータが作業している間に最新ではなくなってしまい、情報制度が荒くなってしまう。

JasperSoft + BIRT Spreadsheet Engineによって変わるシーン

JasperSoft + BIRT Spreadsheet Engine
による解決
  1. それぞれのシステムから直接必要な情報を抽出し、自動的にExcelを生成。転記ミス、切り貼りのわずらわしさがない。
  2. 抽出するデータは常にレポート生成のタイミングでリアルタイムにデータを取得。必ず最新データを元とした資料が作成される。

CASE 03

今までの利用シーン

複数データのExcel集計
の課題
  1. それぞれのシステムから出力したデータをマージする際、各担当者が作成した関数やマクロを利用して集計を行なうことで、ミスが発生したり、引き継ぎに影響が出る場合がある。
  2. 資料を作成するために出力したデータが作業している間に最新ではなくなってしまい、情報制度が荒くなってしまう。

JasperSoft + BIRT Spreadsheet Engineによって変わるシーン

JasperSoft + BIRT Spreadsheet Engine
による解決
  1. それぞれのシステムから直接必要な情報を抽出し、自動的にExcelを生成。転記ミス、切り貼りのわずらわしさがない。
  2. 抽出するデータは常にレポート生成のタイミングでリアルタイムにデータを取得。必ず最新データを元とした資料が作成される。

基盤構築・インフラ保守など
ITのご不満やお困りごとは
システムコンシェルジュにご相談ください。

お問い合わせ