Service 製品・サービス

DRBD

仕様

DRBDの対応OSは下記になります。

DRBDはLinux OS上で動作するソフトウェアです。Linuxのカーネルモジュールを必要とするため、
同じUnix系OSであるOpenSolarisやFreeBSDでは動作しません。現在パッケージが提供されている
ディストリビューションは以下の通りです。

Red Hat Enterprise Linux 5 & 6(CentOS 5)
SUSE Linux Enterprise Server 10 & 11
Debian GNU/Linux5 & 6
Ubuntu Server Edition10.04 LTS

保守内容

・オープンソースとしてのサポート情報サイト(http://www.drbd.jp/)メーリングリスト(英文)商用サポートLINBITとのパートナー契約にもとづくオフィシャルサポート技術トレーニング設計、構築支援高度なサーバ構築サービス(エンタープライズクラスタ)テクニカルサポート(ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ)

ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ
新価格(2010年9月1日から)
※消費税別
¥360,000 ¥480,000 ¥600,000 ¥720,000
サポート対象ソフトウェア
バージョン DRBDバージョン8.0以上
Hertbeat3.0.3以上
Pacemaker1.0.x
対象OS Red Hat Enterprise Linux 5(CentOS 5)
SUSE Linux Enterprise Server 10,11
Debian GNU/Linux4.0
Ubutu Server Edition6.06 LTS 8.04 LTS
サブスクリプションサービス(バイナリパッケージのダウンロード)
ソースパッケージ GPLにもとづきフリーダウンロード
バイナリパッケージ
インストールパッケージ
Heartbeat,
Pacemaker
DRBD
リソース
エージェント
バイナリ形式 RPMおよびdeb
DRBD Proxy(オプション) × ¥360,000
対象OS以外へのバイナリ提供 × ×
インシデントサポート(提供方法)
インストールサポート 無制限 無制限 無制限 無制限
インシデント数 10回 5回 無制限 無制限
電子メールによるサポート 当社営業部 当社営業部 当社営業部 24時間365日
電話によるサポート × 当社営業部 当社営業部 当社営業部
リモートアクセスによる
トラブルシューティング
× ×
電子メールによるサポート 2営業日以内 1営業日以内 8時間以内 4時間以内
インシデントサポート(サポート範囲、内容)
Heartbeat(V3)/
Pacemarker
との組み合わせ
アクティブ・
スタンバイ
アクティブ・
アクティブ
× ×
拡張リポート × ×
デバイスサイズ ~8TB ~8TB ~16TB ~16TB
2ノード
3、4ノード × ×
ホットフィックスの提供 × ×
パフォーマンスチューニング × × ×
1.
ここに記載していないディストリビューション向けのサポートを希望される場合は別途お問い合わせください。
2.
サポート初回契約後30日以内のインストールと設定に関するサポートはインシデントカウントから除外します。
3.
インシデントは契約期間(契約日の翌月1日から1年間)有効です。ただし、ブロンズ、シルバー契約でインシデ ントを使いきった場合、バイナリパッケージのダウンロード権は引き続き契約期間内は有効ですが、新たにインシデントサポートを受けるには再度サポートをご契約いただく必要があります。この場合、ダウンロード権は新たな契約期間になります。
4.
当社営業時間外のお問い合わせは英語での対応となります。
5.
当社からSSHによるリモートログインを許可していただく必要があります。
6.
Heartbeat(V3)/Pacemarkeの組み合わせサポートは、DRBDリソースの設定に限ります。但しheartbeatの拡張サポートはLINBIT社のリポジトリから提供されたリソース制御のサポートも含みます。(一部除外あり)
7.
クラスタパッケージとの組み合わせはDRBDリソースの設定に限ります。但し拡張サポートは当社が指定したリソースのサポートを含みます。(カスタマイズされたものは範囲外)
8.
3ノード以上の対応はDRBD バージョン8.3以上となります。