Service 製品・サービス

BIRT Analytics (BIRT アクチュエイト)

特長

BIRT Analyticsとは?

BIRT Analyticsを使用することで、ユーザーにはデータの重要な考察がもたらされます。

実際に、新たなデータソースの分析に必須の、使いやすく新しいツールを利用することでユーザーの探索作業が促進されます。

  • ■ ビジュアルデータマイニングと予測分析をサポート>
    •   ほとんどの製品はそのどちらかをサポートし、両方の機能はサポートしていません。
  • ■ エンリッチ、予測、インポートのいずれもすぐにデータを再作成
    •   分析中に新しいアイデアを盛り込むことができます。
  • ■ BIRT Analyticsが提供するビジュアライゼーション
    • ・ある値が発生する頻度を判断するための頻度(平均)分布
    • ・ベル曲線分布が何であるかを答えるための中央傾向(中央値)
    • ・クラスタと外れ値
    • ・完了時の最終値に対する割合としての値の累積発生
    • ・ベン図の積集合、差集合、和集合といった属性のセグメント化
    • ・時系列の次の値の予測
    • ・内部のマーケティングとキャンペーン管理のアプリケーションなど
    • ・様々な解像度でのベン図の作成
    • ・予測値、トレンドライン、フォーキャストを瞬時に作成
 

BIRT Analytiの活用分野

BIRT Analytics活用範囲

BIRT Analyticsは、金融サービス業界、ヘルスケア業界、電気通信業界、政府機関、ゲーム業界、公共事業、テクノロジー、小売業界など、 多くの顧客と利用者を抱える競争の激しいデータ駆動型の業界において、企業が一般的に示す要件を満たしています。BIRT Analyticsが即時の価値と投資収益率(ROI)を すぐに提供できる業界は次のとおりです。

  • ■ 顧客洞察調査?行動の洞察
    • ・チャーン分析
    • ・クロスセリング
    • ・最新の購買履歴、購買頻度、購買金額(RFM)
    • ・製品と販売の予測
  • ■ ITアプリケーションのマシン効率
    • ・Web分析
    • ・ログ分析
  • ■ 医療、保険、ギャンブルのアプリケーション
    • ・医療品、治療法の治験
    • ・病院の運営
    • ・カジノの運営
  • ■ 意志決定アプリケーション
  • ■ マ ーケティング
    • ・キャンペーン管理(何が成功したか?)
    • ・ソーシャルメディア(何が言われているのか?)
    • ・Web分析(Webサイトで何が成功している?/していない?)
    • ・「事善の提案」NBO(Next Best Offer)の判断
       (次に何のインセティブを提供すべきか?)
  • ■ 事業プロセスを自動化する意志決定アプリケーションの
     ロジック