Service 製品・サービス

Actuate11アクチュエイト

概要

BIシステムに求められていること

  • レポート開発者

    オブジェクト指向のレポート開発環境、
    GUIによる高い開発生産性

  • 高度なセキュリティ

    ユーザ、グループ、レポートのバージョン単位での
    高度なアクセス制御

  • パワーユーザー

    Webベース・レポートデザイナ、
    マウスの操作のみで完結するレポート作成環境

  • 内部統制対応

    レポートの閲覧、ダウンロード、印刷といった
    操作のロギング

  • ビジネスユーザ

    Webベースのレポート参照と
    パーソナライズ/カスタマイズ

  • 標準フォーマット

    HTML、Excel、PDFといった標準形式による出力

あらゆるユーザ層が利用できるBIレポーティング環境

従来のビジネスインテリジェンスは、企業内の一部のユーザ、経営層や、エンドユーザ部門では主にパワーユーザが中心に使用するシステムでしたが、現在では、利用範囲の拡大とともに、その使い方も現場のリーダが部下と一緒に使うという形に変化してきています。

Actuateでは、主な操作はブラウザ上でのマウスクリックといった簡単な操作性とレポーティングならではの多彩な表現力による「使い勝手のよい」「見える化」により、ビジネスインテリジェンスの適用範囲を拡張しています。
その範囲も、企業内のビジネスユーザにとどまらず、ファイアウォールの外側にいる、取引先やパートナー企業、更には、一般顧客にまでに広げることが可能です。これにより、SaaSに代表されるようなスキームも実現することができます。
ここで、あらゆるユーザ層が利用できると言っていますが、利用できると言っても、新たにツール独自の使い方を覚えなければいけないというのであれば、その適用範囲もせばまってしまいます。

Actuateでは、標準的な技術を採用することにより、この問題を軽減し、導入のしやすさを実現しています。

ActuateのリッチコンテンツBIレポーティングが、 このような問題を解決する糸口になるのではないかと考えています。

BIシステム利用における既存利用会社とBI新規導入検討企業の見解

BI導入済み会社

システムを導入しても、活用しきれない
  • ●BIの仕組みといったものは、ユーザの必要とするものが日に日に変化していき開発が完了する際
     には要望が変わっている
  • ●カットオーバーした後にもエンドユーザから新しい要件、必要なデータがきてそれを保守・メンテ
     する要員といったものをずっと多く長く持ち続けなければならない。
  • ●既存レポートのわずかな変更でも、IT部門や外部SIerに依頼しなければならない。
  • ●IT部門が、エンドユーザからのレポート依頼に忙殺されている。
  • ●必要な時に必要な形式でデータを参照することができない。
  • ●しかたがないので、データをエクスポートしてExcelに取り込み、手作業でデータを整形している。
  • ●自由度の高いBIツール(OLAP)の操作性がネックになって、適用ユーザを拡張できない。

BI非導入企業

BI導入効果が不明瞭、BI実施のデータ整備ができていない
  • ●開発期間が長く、費用対効果が見えずらい
  • ●既存の帳票の流用がきかない
  • ●データベース購入が不要
  • ●社内に分析をできる人材がいない
  • ●費用対応効果の算出ができない

ActuateはBIレポーティングツールとして、 貴社資料作成時間の短縮を実現します!

ActuateOne

  • 教育費用不要
  • データベース不要
  • 既存Excelの利用が可能 (帳票取り込みが可能)
  • マイクロソフトAccess データべレベルで開発可能