Service 製品・サービス

Actuate11アクチュエイト

特長

Actuateとは?

定型レポートからダッシュボードまで、
広範囲の「見える化」に対応したBIレポーティングシステム

Actuateは、エンタープライズレベルでのBIレポーティングを実現するプラットフォームです。
多彩な表現力をもつレポーティング環境と豊富なオプションにより、企業レベルでの様々な情報系ニーズに対応します。

レポーティングとうと、定型帳票を生成するというイメージがあります。Actuateも、この領域をカバーしていますが、経営者やエンドユーザ部門の意思決定を支援するための機能を付加しています。意思決定に必要なデータをレポート機能で可視化し、直感的な操作を提供することにより、ビジネスインテリジェンスを実現します。

このような環境を、私どもは、BIレポーティングと呼んでおり、あらゆるユーザ要件に対応することから、エンタープライズBIレポーティングというメッセージを使っています。また、さまざま静的なテキストや静止画像だけなく、動的なFlahsなどを利用した表現豊かなレポート(帳票)を提供します。

Actuate活用範囲

ActuateのエンタープライズBIレポーティングでは、業務データとエンドユーザの間にWebレポーティング・サーバを配置します。
ユーザは、Webブラウザをインターフェースとして、Actuateのサーバにアクセスし必要な情報を取得します。
レポーティング・システムを技術基盤としているため、あらゆるユーザ層のエンドユーザは多彩な表現力を享受することができ、マウスのクリックでページを移動し目的の情報に簡単にアクセスできます。

これにより、豊かな表現力は、その適用範囲も、KPIダッシュボードやパフォーマンス・マネジメント、SFA、CRMや企業ポータルから、明細書、請求書、顧客向けレポートの発行と、様々な用途に対応できます。

また、内部統制強化の流れにともない、従来、クライアント側のマシンで管理していた情報やファイル、例えばExcelで管理しているデータ等をサーバで一元管理し、データの精度やセキュリティを高めたいというニーズにも対応が可能です。
そして、このような仕組みをもったレポーティング環境を、情報を必要とするあらゆるユーザが利用できるようにすることができます。

  • 定型レポートからダッシュボードまで、広範囲の「見える化」に対応
  • ワンストップ・ソリューションによる情報系システムの構築を可能に
  • グラフ、Flashオブジェクト、表、テキストを組み合わせた多彩な表現力
  • オープンな技術を利用(SOAP、Java)、既存環境への組込みが容易
複数の異なるデータソースをレポートサーバでマージレポートの表現力であらゆるユーザの様々なニーズに対応可能
  • EJB, ODA/ダッシュボード、ポータル
  • データ分析(OLAP)
  • 定形レポート

Actuate 製品コンセプト

エンドユーザにとって使いやすいだけでなく、状況の変化に柔軟に対応できる「コンパクト」なビジネスインテリジェンス環境を提供

Actuate 製品体系

サーバライセンス

  • BIRT for iServer (標準機能)
    • 定型レポーティング
    • 直観的なインターフェース
    • マルチデバイス対応
  • BIRT Interactive Viewer for iServer(オプション)
    • インタラクティブ機能による
      レポートカスタマイズ
    • 非定型分析(OLAP)
  • BIRT 360 for iServer (オプション)
    • ダイナミックダッシュボード
    • 非定型分析(OLAP)
  • BIRT Spreadsheet for iServer (オプション)
    • レポーティングアーキテクチャを使った
      MS Excel レポート
    • Excelのインターフェース活用レポート

開発ソフト関連

  • BIRT Designer Professional(必要時)
    • Actauteの開発基本ツール、
      Eclipseをベースとしております。
  • BIRT Spreadsheet Designer Professional (必要時)
    • Spreadsheetの開発ツール